豪雨

西日本豪雨災害に合われた方々、関係の方々 お見舞い申し上げます。体調を崩されないようにしてください。

帰国報告会

2018.6.15 59次夏の杉浦隊員の帰国報告会をやりました。

天王寺のレンタルルームを借りて、報告と質疑応答で2時間半程でした。

会員は12名集まりました。

少したくましく見えます。天文学を専攻する杉浦さん、しらせ船内ではエアロゾルのサンプリングや太陽散乱光観測、ゾンデ観測などを担当されたそうです。しらせの食事は大変美味しくて、体重が7キロ増えたそうです。

野外支援活動は、12月22日からS17で気象観測の支援、レーザースキャン観測。1月13日から昭和基地で気象観測用風力発電機の修理。1月18日からラングホブデ氷河で熱水掘削のお手伝い。1月26日からS17滑走路整備作業。などに従事したそうです。

感激したことは、地平線近くの半月が真横を向いてる事。動きの激しいオーロラが見られた事。

カメラで撮影したオーロラは目で見たものより素晴らしいということ。

今後、学芸員を目指すなかで今回の経験を活かしたいこと。

機会があれば是非、越冬をやってみたいそうです。

21時30分に報告会場を出て、有志7名 居酒屋で親睦を深めました。

あの日の南極、昭和基地(越冬交代日)

31次の2月1日、越冬交代日の新聞です。

 

この日は、先輩が基地から出て船に行き、我々は夏宿から基地に引っ越し個室に住めるようになる日です。凄く嬉しかった記憶があります。反面、基地の運営という重責が延し掛かり不安が膨らみ始める日でもあります。

 

当時の新聞は、ワープロ打ち/切り貼り式/複製はコピー機というのが主流でした。もう少し前の先輩方はガリバン刷りだったようです。

 

59次 杉浦隊員より

杉浦隊員からメールが来ました、活発な活動をされている様子です。**以下メール本文**

JARE59同行者の杉浦です。

私自身は、しらせが昭和基地に接岸する前に
大陸氷床上のS17に行き、野外観測を行っておりました。
続けて1週間ほど前からラングホブデ氷河での観測支援に
行っており、昨日昭和基地に帰ってきたところです。

さて、HPへの記事投稿について、
昭和基地にはほとんどおらず、沿岸の露岩地域や
大陸氷床上での活動がほとんどですが、
そこで見たこと、感じたことを記事にできればと
思っております。

近日中にまたS17へ向かう予定で、
次に帰る先はしらせとなります。
艦内では通常のインターネットは利用できず、
メールのみでのやり取りとなります。

2/10ごろにこちらからメールをお送りいたします。

幹事会

1月15日、幹事会が招集されました。

 

最初は大阪市立大学の文化交流センターで打ち合わせをしまして、地下の居酒屋へ場所を変えて打ち合わせをしました。

 

今後の役割分担やHPの内容のお話をしました。お一人は、風邪で欠席でした。

しらせ接岸

昭和基地ウェブカメラ映像

 

岩島-みはらし岩ラインより基地側に入っている様子、氷薄かったんでかね?

 

 

更に基地に接近してますね。

 

 

 

緑マークが45次接岸位置、赤マークが59次接岸位置です。

 

 

 

新年3日の昭和はブリザードですね。除雪の後に雪が付いて夏作業が停滞しますね。

 

8日 しらせが大陸側を向いています。この時点でコンテナ輸送は終了したそうです。接岸後、貨油輸送を実施して氷上輸送をやったそうです。